『がんばり過ぎ』をやめると引き寄せは加速する!



新年度は、どのようにお過ごしでしょうか?

「もっともっとがんばらないと~」

常にそう思われている方は、ひょっとすると『がんばり過ぎ症候群』かも知れません。

私も以前は「〇〇しなければならない」「もっとがんばらないと!」とずっと思っていました。

そしてその通り、「やみくもに」がんばり続けてきました。

がんばってばかりでは反動で「だら~ん」としてしまうかも知れません。

6年前までのサラリーマン時代は、1年間1日18時間、まさに不眠不休で働いていた時期もあります。
肉体、心とも限界寸前でした。

心の中では「しんどい~」と思いながら、ただただがんばっていました。

「やみくもに」がんばっている状態では、良い結果を生むことはほとんどありません。

なぜなら「やみくもに」がんばっているときは、ただがんばっている状態であり、心の中の感情は「しんどい」と感じている場合がほとんどだからです。

『引き寄せ』は、どう考えているか、どう行動しているかは実はほとんど関係ありません。

『その時の感情』が、さらにその感情を増幅させる結果を生む。

これが夢や願望実現を含む『引き寄せのシステム』だからです。

つまりいくらがんばっていても「しんどい」「つらい~」と『よくない感情』に支配されていると、その後はさらに「しんどくつらい」ことを引き寄せてしまうためです。

さらに厄介なのは「やみくもに」頑張っているときは、「今の自分じゃだめだ」という不安が潜在意識に入っている場合がほとんどだということです。

夢実現や『引き寄せ』は「潜在意識の感情」が作るので、そのままのマイナスの感情に支配されている状態では「だめ」な結果を引き寄せてしまいます。

そのままの状態で、がんばり続けると、からだも心もクタクタになります。

まさに「アクセルを踏みながらブレーキをかけている」状態です。

「できない」「無理」「むつかしい」

そんな『心のブレーキ』や『マイナスの思い込み』を先に外す必要があるのです。

私は進化したマインドフルネス・ミラクルタッピングⓇやリミットブレイクマスターⓇや新型エネルギーマイスター®を使ってそれらを外しています。

そのことに気づいてからは、まさにミラクルが起こりました。

それまで30年近く起こらなかった『超引き寄せ』が次々と起こるようになってきました。

一瞬で状況が好転していきました。

これは私だけでなく、友人や受講生さんも同様です。

「できない」と思う「思い込み」が外れるために、今まで「できない」と思っていたことが次々とできるようになっていくんです。

「『引き寄せ』を起こすには、やみくもにがんばるよりも、心のブレーキを外すことが大切」

そのことに気付いた瞬間でした。

「がんばり過ぎ症候群」から抜け出して『引き寄せ』を加速させる鍵。

それは「思い込み」や「心のブレーキ」を外すことです。

赤ちゃんや動物のように自然体でいきたいですね。

あなたの可能性は無限大です。

がんばらなくても、うまくいく。

あなたは、もっと幸せになっていいんです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です