ジェラシーは、引き寄せ加速の大チャンス!



以前の私は「いいなぁ~」「欲しいなぁ~」と思う物や人を得ている人を見るとひがんでいました。

「うらやましい~~」そう思いながらジェラシーでいっぱいでした。

完全にジェラシー星人化していました。

ジェラシーを感じることで、自身の潜在意識には「自分には無理」と刻み込まれるとは思ってもいませんでした。

その時の私には「引き寄せ」は起こることはありませんでした。

ある時から考えと行動を変えました。

自分が欲しいものを持っている人を見かけると、祝福の気持ちを届けるようにしました。

最初は無理やりに(笑)

そして徐々に心から祝福の気持ちを送りました。

すると・・・!!

そこからは欲しいものや、なりたい状況が短期間で得られるようになってきたのです。

驚きました!

自分をとりまく状況も一気に好転してきました。

会社員時代は手が届かなかった車をみかけたときには「やった~」「いいなぁ~」とどこまでも
追いかけていきました。

一歩間違えばプチストーカーです(笑)

今はその時に見た憧れの同じ車に乗っています。

しかも色や内装、ナンバープレートのナンバーまでその時にイメージしたままで。

みなさんは「いいなぁ~」「欲しいなぁ~」と思う物をすでに持っている人を見かけた時に、以前の私のように「あの人は特別だから」「お金持ちはいいなぁ」などとすねてはいけません(笑)

そう思うことで潜在意識の中に欲しいと思っているものを「いらない」「不要」という気持ちを植え付けてしまうからです。

つまり『逆引き寄せ』が起こってしまうのです。

そしてもうひとつの『引き寄せの落とし穴』

それは「本当に望んでいるものがわからない」という点です。

「〇〇が欲しい!」と思っていても、実際に手に入れると満足感がないときがあります。

これは心の底からは欲しくなかった、ということになります。

例えばおなかが減っているときにスーパーやデパートのお惣菜コーナーに行くと美味しそうなものが目に付きます。

そして衝動買いする私がいます。

家に帰って食べようとすると、そんなに大量に食べられないことに気が付きます。

つまり本当はそこまで大量に望んではいなかったのです。

購入するために使ったお金と時間はすべて無駄になってしまいます。

つまり徒労に終わってしまうのです。

「これって、もったいなくないですか!!!??」ドンドン!(←机をたたく効果音

いくらマグロ好きな私でも、
こんなに食べきれませんからっ!

ジェラシーは本当に欲しいもの、望んでいるものを教えてくれます。

「自分もそうなりたいよ、欲しいよ」って教えてくれているんです。

ジェラシーは本当の自分を知るサイン。

ジェラシー万歳!なんです。

ただそれがわかった上で「ジェラシー」そのものは外しておく必要があります。

ジェラシーを持つと『逆引き寄せ』が起こる。

このことを知っておくだけで、ずいぶんと違ってきます。

「そうはいってもジェラシーが起こったらどうすればいいの?」

そんなお声が聞こえてきます。

そんな時には拙著『引き寄せの公式』(パブラボ出版さん刊)に書かせて頂いています「イライラやムカムカを一瞬で手放すミラクルタッピング」をしてみてください。

あっという間にジェラシーは消えていきますから。

みなさんには最短で『和の引き寄せ』を加速してもらえれば嬉しいです。

その際の「落とし穴」、ジェラシーだけは少し注意してくださいね。

言葉では祝福しているつもりでも、心の奥のほうで「自分にも本当に引き寄せが起こるのかな」などと少しでも不安があれば、実はその不安が現実化してしまいます。

もしそんなネガティブな感情に気付かれたら「トントント~ン」を試してみてください。

お金や準備するものもいらずに1分で外れますから。

「引き寄せ」を加速するためには、それらを阻害する深いマインドブロック、メンタルブロック、「心のブレーキ」や「思い込み」を外すことは最大のポイントです。

それだけで驚くように加速していきます。

「まだ得ていないもの、欲しいと思っているものに愛と感謝の気持ちを送る」

『まだ得ていないもの、欲しいと思っているものをすでに手に入れられている人に対しても愛と祝福の気持ちを送る』

引き寄せの大きなポイントです。

このことを知っているかどうかが『和の引き寄せ』の鍵です。

あなたの可能性は無限大です。

あなたは、もっと幸せになっていいんです!

     読者登録してね

新春お年玉企画!【人数限定】『引き寄せの公式プラチナ講座』

新春お年玉特別企画! 都築まきこさんとの引き寄せライブ

2016年特別セミナー&講座スケジュール

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です